相互RSS

【画像】 自転車女子さんエチエチ過ぎる 他
東京15区補選の立候補者、弁護士・イスラム法研究者・格闘家・...
【朗報】新作まんが『賭博堕天録 イッペイ』はじまるwww...
「円安は日本に得!」←これ
「ゼレンスキー負けろ!世界を巻きこむな!」←こいつ
【SS】ヘンな先輩との蓮ノ空の日々
山本投手から「日本産アイテム」を大量に差し入れられたドジャー...
【社会】服を買う頻度は?SNSで話題 オシャレに興味がない人...
今村聖奈が茶髪に戻す! スマホ事件から1年「悩んだ分だけ、大...
岸田総理「緊急会合!」G7首脳「イラン制裁協議」イラン「攻撃...
まんさん「来年の映画コナンは孔明だから100億問題なし」
【画像】ゴブリンスレイヤーの作者wwwwwww...
【ちょいちょい】ゲージの中から手を伸ばし真剣な表情で開錠する...
『俺の屍を越えてゆけ』のリメイク版がPS4とPS5でも遊べる...
円安進行、株価下がる、実質賃金低下中
大泉洋主演『ディア・ファミリー』新予告編公開!松村北斗に続く...
「家の中に入って金を持ってくるだけの案件」 無職23歳逮捕 ...
派遣さんからマルチ商法のお誘い
【ガンダムSEED】行政と外交とMS開発と悪の世界征服計画と...
【画像】荷物たくさん積めます
【芸能】和田アキ子、ビートきよしも物申した! 「新幹線での豚...
嫁「お義母さんとの同居が嫌だからリコンしたい」俺「何も言えね...
【さすが智弁】正直、阪神村上がこんなに早く修正してくるとは思...
【2/4】過去の確執を理由に俺実家への帰省を拒み続ける嫁を何...
俺の徒町、いかだをマトモに漕いでくれない【ラブライブ!蓮ノ空...
【衝撃】ガチで「こいつ同じ曲しか出さねーな」と思ったアーティ...
【声優】鬼頭明里さん、カビが生えるまで洗い物を溜め込む女だっ...
資格の勉強中で会えないと伝えたのに凸してきた彼と揉めて外に締...
【ポケモンGO】TL60解放、来ない…まだ時期尚早か?
【ヱ□漫画】 性衝動
大久保佳代子、都内一等地に1億5000万円マンション購入!同...
【元乃木坂46】白石麻衣 美スタイル際立つ〇〇〇〇コーデ タ...
『ゴジラ-1.0』、アマプラ見放題に登場!
このガンプラ3機セットじゃなければ買ってたかもしれない…
【画像】ポケモン巨○女子、オフパコで男に胸を鷲掴みにされるw...
【動画】美人女医YouTuber、唐突に自分のマ○コで膣構造...
2024.04.17-15:01:41

ウマ娘怪文書

【ウマ娘怪文書】急遽「トレーナー体験制度」なるものが発された。理事長・たづな両氏が懸念した為に発足された新しいウマ娘育成体系の一種である

 コメント (0)

1: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)22:16:54
ある日秋川理事長によって、急遽「トレーナー体験制度」なるものが発された。

専属トレーナーによるコーチングを一度も受ける事なく卒業してしまうダイヤの原石たるウマ娘がもし存在したら、それは非常にもったいないのではないか?と理事長・たづな両氏が懸念した為に発足された新しいウマ娘育成体系の一種である。
既に優秀なウマ娘を育て上げた実績のあるトレーナー達を何人か講師として選抜し、専属トレーナーと契約を交わしていないフリーのウマ娘達に数日間だけトレーナーとしてコーチングを行ってもらうという企画だった。

「実験ッ!これが上手く行ったなら企画に留まらず、今後も同制度を設けて定期的に開催して行く所存である!!」

責任重大な白羽の矢が立ったトレーナーは全部で三人だった。

2: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)22:17:49
最初に声がかかったのはトーセンジョーダンのトレーナーである。心体共に問題を抱えた彼女をグランプリレースでの勝利に導いた手腕は学園内外でも高く評価されている。
スイープトウショウのトレーナーは、非常に気性に難のある彼女とトラブルを起こす事なく二人三脚で三年間を駆け抜けた事が評価され選ばれた。
アグネスタキオンのトレーナーは光っているので断念し、ゴールドシップのトレーナーは漁船へ。

その他様々な事情と思惑が交錯した結果、三人目の講師にはヒシミラクルのトレーナーが選ばれる事となった。

「ミラ子のトレーナーさんってさ、結構かっこいいよね」

「へ?」

3: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)22:18:55
思ってもみなかった言葉を友人から聞かされたヒシミラクルは一瞬呆けてしまった。昼食を共にしている二人のウマ娘とは短い付き合いだけれど、色恋沙汰に関する話題が上がったことは数えるほどしか無い。

「それな。あたしもミラ子のトレーナーさんだから申し込んだけど、惚れちゃったらどうしよう」
「いやぁ〜あはは……どうかなぁ…」
「何そのリアクション。もっと慌てて欲しいんだけど」

他愛のない冗談だとわかっているから。というのもあるが、実際本気の言葉だったとしてもヒシミラクルには感情の動かし方がわからない内容ではあった。
彼女たちは一度も専属のトレーナーが付いたことのない、つまり前述の制度の対象者である。友人であるヒシミラクルのトレーナーが講師として参加しているなら、折角だし普段の彼女の特訓を体験してみるのも面白そうだと思って申し込み用紙を提出したのだ。

「ミラ子さ…もしかして、トレーナーさんの事嫌い?」
「ええっ?そんな事ないよ!」
「じゃあ、好きなの?」

シニカルなウマ娘は眉根を寄せてヒシミラクルに顔面を近付けて問い詰める。

4: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)22:19:42
「好きか嫌いかで言うと、好き…かな〜…あはは」

「はぁー……」

友人二人のため息がハーモニー及び木霊した。
朗らかなウマ娘が「歯切れ悪ゥ〜」と呆れた声を上げると、昼休憩終了を知らせるチャイムが鳴り響いた。
例の制度の開始日はもう翌日に迫っている。

5: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)22:20:29
「ちょっとミラ子!なんなのあれ!?」

「はい?」
「あんたのトレーナーだよ!とんでもない鬼教官じゃん!」

『トレーナー体験制度』は無事初日を迎え、終える事ができた。全体的な評判は今のところ上々といった塩梅だったが、一部ウマ娘からは不満の声も上がっているようだ。

「あれ、わたし言わなかったっけ」
「言ったよ!!!?伝わってないけど!」
「ほんと、想像超えてくるなら言ってよねー」
「それは想像の世界に文句を言って欲しいかも…」

6: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)22:21:29
どうやら友人達には我がトレーナーさんのしごきは堪えすぎたらしい。そういえば自分も最初は───いや今もだけど滅茶苦茶しんどくて嫌がってたなぁと思い返すヒシミラクル。

「郷愁に浸ったような面構えをしよってからに…」
「ミラ子、アンタあれが好きなの?」

うええとまたもや返事に困ってしまうヒシミラクル。なぜすぐそういう話に転ぶのだろう。

「あのトレーナーさんが好きなの?トレーニング中は表情を変えなくて!100mくらい先にいても耳元で叫んでるようなデカい声の!」
「時々挟んでくる英語が不気味で、何も持ってないのに竹刀が見える、ウマ娘を家畜か何かだと思ってそうなあのトレーナーが好きなの?ミラ子?」

「そ、そこまで言わなくても…」

7: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)22:22:06
トレーナーさんだって良いところあるんですよ、とムキになって反論してしまう。どこが?とすぐさま問い返される。

「うーん……うーんと…むむむ…」

(わたしに無断でトレーニングの量増やすし…執拗にプールで泳がせようとするし…冗談が通じなくてトレーニング量が増えたり…すぐおなか触ってきたり…声がデカい…のは同意…えーと…)

「うーん…う〜ん…」
「ほら、やっぱりおかしいってあんた」
「ミラ子…」
「いやいやいや!良いところもあるんだって!」

具体性の無さすぎる擁護は友人達には聞き入れて貰えなかった。恩師への感謝が足りなさすぎる、と自分を戒め反省する一方で、すぐカンカンするトレーナーさんの自業自得でもあるんですよと心の中で叱っておく。

8: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)22:22:47
その日の放課後、トレーニングも無いのでまっすぐ寄り道して帰宅しようとするヒシミラクルを、彼女のトレーナーが呼び止めた。
「ミラ子、ちょっと…」
「トレーナーさん?」

なんでも、見て欲しい物があるらしい。断る理由も無く無駄に時間はあるので、言われるがままに彼女はトレーナーに着いて行くことにした。

広いトレセン学園の中をしばらく歩くと、トレーナーの方から声がかかった。
「はい、これ」
「え?」

飾り気の無い、白く小さな箱がトレーナーから渡される。手のひらに乗るほどのサイズだ。

「なんですかこれ」

「開けてみて」

9: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)22:23:49
中には小さいお好み焼き──ではなく、お好み焼きの形をした髪飾りが入っていた。それは以前にヒシミラクルが欲しがっていたが手に入らずに諦めていた一品だ。

「これ…覚えててくれたんですね。もう諦めてたのに…」
「知り合いに服飾関係の仕事をやってる人がいてな…」
「嬉しいです!でも…」

何故今日なんだろう?という視線を投げかけると、察したように、恥ずかしげに答え始めた。
「引退してからミラ子にあんまり会えてなくて、寂しくてさ。今日は君の初勝利から2年目の記念日だからちょうどいいかなと思って」

付き合いたてのカップルか!と、朗らかなウマ娘がその場にいたらそう突っ込んでいたかもしれないな、とヒシミラクルは思う。なんだかこちらも恥ずかしくなってきた。けれど────

(こういう素直で、ストレートで裏表のないところが素敵なんだよなー)

菊花賞の出走書類は勝手に出すけど…と自らのモノローグに付け足した。

10: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)22:24:25
 「って、これを渡すのになんでこんな場所まで?というかここどこですか…?こんな場所学園にあったんですね…」

キョロキョロと辺りを見回すが暗くてよく見えない。塩素のような匂いがする。

「実はプレゼントはもう一つあるんだ」
そう言ってトレーナーが明かりを付けると、ヒシミラクルの目に大きなプールが飛び込んできた。
普段授業やトレーニングで使っている場所とは違う。誰も泳いでいない、貸切状態の地獄の釜だ。

「その髪飾り、防水加工してあるから髪を後ろで束ねるのに便利だと思うよ」

トレーナーの手には事前に用意したであろうヒシミラクルの水着が握られていた。

「鬼!悪魔!変態!水泳の先生!」

悲鳴と罵倒と笑い声が二人だけの空間に響いた。

11: 名無しさん(主) 2024/02/13(火)22:24:51
終わりです。ミラ子いいよね
12: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)22:26:13
>>10
>普段授業やトレーニングで使っている場所とは違う。誰も泳いでいない、貸切状態の地獄の釜だ。
ははは
地獄の釜はもっと煮えたぎってるさ
14: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)22:28:02
>>10
>トレーナーの手には事前に用意したであろうヒシミラクルの水着が握られていた。
一歩間違えれば変態の所業
15: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)22:36:30
>>14
数歩通り過ぎてない?
13: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)22:27:31
ミラ子独特の距離感好き
16: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)22:44:12
トレミラ夫婦漫才はなんぼあってもいいですからね
17: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)22:49:57
いい夫婦漫才を見れた
ありがとう…
18: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)22:50:06
まだ夫婦じゃないですから!
19: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)22:54:28
「まだ」ってことはその予定はあるってことだよな…
20: 名無しさん(仮) 2024/02/13(火)23:19:08
なんだかんだでトレーナーもミラ子のこと好きだと思うよ

-ウマ娘怪文書
-, ,