相互RSS

人気AV女優の高校生時代がこちら 他
【画像】女子が風呂で○首だけ指で隠した自撮りを投稿w...
【朗報】あいみょん(29)、急に乳のデカさをアピールし始...
【魔人探偵脳噛ネウロ】コンクリート以下の料理
【社会】朝からニャーニャー 「ウミネコ」都心で大繁殖 夜...
神田正輝、激ヤセ&重病説について初言及「やること...
特定秘密「漏えい」の定義知らなかった、海自の認識不足…「...
井上清華アナと原田葵アナ 脇見せノースリーブ!!
ティアキン賢者の中でもユン坊が抜けて不人気な理由ってなん...
FC東京MF松木玖生は英サウサンプトンへの移籍が決定的に...
北海道コンサドーレ札幌がスペイン人FWジョルディ・サンチ...
【画像】不登校とS〇Xする巨○女教師ww
学園アイドルマスターがセルラン1位ならその金でデレの19...
久しぶりに入居者の家を訪れた大家さん、庭に繁茂していた『...
『餓狼伝説』たまにはチン・シンザンの話を10レスくらいす...
「日本が終わると思った」「無念だろう」「国を背負い奮闘に...
西武ライオンズの課題は何?7月の敗戦から見えてくるチーム...
祖父はペットボトルが大好き。家中あらゆるところにペットボ...
【松本人志】告発女性への出廷妨害否定も行動確認は認める「...
息子が弁当を作ってくれた。嬉しくて職場で話したら→謎の怒...
【ウマ娘】アルターのライスフィギュア届いた!凄い出来だ!...
【速報】バイデン大統領、何者かの傀儡だったww...
「あなたの腕時計をシェアしてお金を稼ぎましょう」→破産し...
天木じゅん、運転免許試験の実技で5回目の不合格—ファンか...
天木じゅん、運転免許試験の実技で5回目の不合格—ファンか...
【最新画像】大谷翔平の妻・真美子さんの現在がいくらなんで...
【悲報】一生行かなそうな都道府県1位、決まる
【悲報】富士山、山開き2日目にしてすでに入山者3人死亡…...
ほぼトラに日和ったか メタ社がトランプ氏のフェイスブック...
警官が脱走者を捕まえるのにかなり苦労しているw
父親「お前のパソコン売れた^^」俺「は?」父親「5000...
すまん、姉街美人は正しかったん?姉街の画像は見てない
7/13(土) 第56回函館2歳ステークス(GⅢ) pa...
【画像】「ドラクエ3リメイク」のスカイドラゴン、鯉のぼり...
【画像】JKの百人一首ヱ□すぎだろ
【画像】深田恭子のお●ぱいってこんなにロケットだったのか...
2024.07.13-15:16:41

ウマ娘怪文書

【ウマ娘怪文書】ずっと溜まっていた大掛かりな提出物を、一晩かけてようやく提出し終えた。どっと吹き出る疲労感に押されるように椅子に深くもたれると、ギシギシとスプリングの音がした。

 コメント (1)

1: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:42:42
窓の外で雀が鳴いている。今一度ページの頭から目を通し、漏れがないことを確認すると保存。送信フォームをクリックした。
ずっと溜まっていた大掛かりな提出物を、一晩かけてようやく提出し終えたのだ。どっと吹き出る疲労感に押されるように椅子に深くもたれると、ギシギシとスプリングの音がした。
誘うような睡魔に、こんなところで寝ては腰を痛めるとなんとか抗う。幸いにも今日も明日も、僕とキタちゃんはオフ日である。もうここで寝ようと訴えかける身体をなんとか起こして、隣の仮眠室に向かった。
靴を乱雑に脱ぎ捨てると、ベッドに倒れ込む。窓から差し込む日光が煩わしくアイマスクをつけると、僕は布団もかけずにそのまま深い眠りに落ちていった。
2: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:43:16
どのくらい眠ったのだろうか。扉の向こう、トレーナー室からキタちゃんの声が聞こえる。ああ、授業もう終わったのか。アイマスクをつけたまま寝そべり身体を捻ってストレッチをしていると、そこでもう一人の声に気がつく。
「トレーナーさん昨日からずーっとパソコンに向かってて、やっと終わったみたいなんだ!」
「それは…お祝いをしてあげるべきです!」
ぼんやりした寝起きの頭を起こしながら、ベッドの上で姿勢を直した。どうやら隣のトレーナー室では、キタちゃんが友人のサトノダイヤモンドと一緒に遊びに来ているようだ。
「せっかく今お休み中だし、起きたらサプライズで何かしてあげたいよね!」
キタちゃんの嬉しい心遣いに思わず頬が緩む。扉越しの会話はよく聞こえないが、どうやらそういったものに慣れているサトノダイヤモンドが、キタちゃんにサプライズアイディアを伝授しているようだ。
となればここは起きるのは無粋だろう。ありがたくサプライズを受け取るために、もうしばらくここで寝たフリを続けるべきである。
3: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:43:39
「はい…はい、じゃあ車をお願いしていいですか?」
車!?思わず口から飛び出しそうになった声を既のところで飲み込んだ。てっきりお祝いに肩を揉んでくれるとか、ケーキを持ってきてくれるとか、そういう子供らしいものを想定していたので心の準備が出来ていなかったのだ。
お弟子さんとの通話を終えたらしきキタちゃんが扉を開き、こちらを確認しに来たので直ぐ様寝たフリに入る。高ぶる心拍数を必死に抑えていると、ぱたぱたと彼女の足音が近づいてきた。
するりと身体とベッドの間に彼女の腕が差し込まれ、僕はキタちゃんにお姫様抱っこの要領で抱き上げられる。そして彼女はそのまま僕を持ち運び始めたのだ。
物音から察するに、どうやらサトノダイヤモンドは帰ったらしく、キタちゃんは黙って僕を抱きかかえたまま校舎の外に歩き始めた。
4: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:44:02
校門で車を停めていたらしきお弟子さんの声が聞こえると、いよいよ大変なことになってきたと実感する。今ここで起きる方がいいのだろうか、しかし……。
『えっ!トレーナーさん起きてたんですか!?あたしに悪くて寝たフリを…?あたし…トレーナーさんにお祝いをしたかったのに…結局気を遣わせちゃってたんだ…』
もしここで起きたらどうなってしまうことか、悪い想像をなんとか頭から振り払う。もう後戻りは出来ない、どんなに大掛かりなことになったとしても、僕は最後まで寝たフリを続けサプライズを享受するべきなんだ。
車の中に乗せられると、隣に座ったキタちゃんにシートベルトをつけられ、手を握られる。こんなことになって起きないのも不自然だろうと自分でも思うが、最早乗りかかった船なのだ。
「じゃあお願いします」
お弟子さんが朗らかに返事をすると、車はサプライズの場所に向かって走り出した。
5: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:44:23
どのくらい走ったのだろう。アイマスクで周囲は見えず、体感時間ではそこそこいい距離を走ったようにも感じる。
不意に車が止まると、キタちゃんが再び僕を抱きかかえて車の外に出た。
「明日には下山するのでお昼頃迎えに来ていただければ」
山!?思わず口から飛び出しそうになった声を既のところで飲み込んだ。そのままお弟子さんと分かれたキタちゃんは、僕を抱えたまま苦も無くずんずんと登山道を登っていく。
風でしなる木々の音、忙しく鳴く虫の声、それらが例え視覚がなくともここは山道であると告げている。
「早くしないとトレーナーさんが起きちゃう」
ここに来て未だ疑うことを知らないキタちゃんの純粋さに胸が締め付けられる思いである。僕はせめてもと、すうすうと寝息を立てて見せた。
6: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:44:47
キタちゃんは山道をしばらく歩き、何かの建物の鍵を開けた。ようやく僕にも状況がわかってきた。ここはきっと、キタちゃんの実家の持っている別荘か何かなのだ。
僕はリビングのソファらしきところに寝かされ、その間にもキタちゃんが周囲の片付けやセッティングを進めているようだ。
そしてしばらくすると、再び僕は抱き上げられ、キタちゃんは階段を登っていく。からからと窓を開ける音がすると、蚊取り線香の香りが鼻をついた。
「よいしょ、よいしょ」
僕はデッキチェアに寝かされ、その周囲では彼女が懸命に何かの準備を進めている。そんなキタちゃんの心遣いを思えば、やはり寝たフリを続けてよかったと感じてしまわずにはいられない。
7: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:45:11
「トレーナーさん、起きてくださーい」
どうやらサプライズの時間が来たようだ。肩を揺り動かされると、わざとらしく見えないよう自然な演技で寝起きのフリを始め、アイマスクを外した。
そこは、別荘のバルコニー、二人並んでデッキチェアに寝そべり、眼の前にはプラネタリウムと見紛うほどの満点の星空が広がっていた。
「すごい……」
「えへへ、びっくりしました?トレーナーさんが頑張ってたみたいなので、何か特別なお祝いをしたくって」
迷惑ではないか、と言おうとしているキタちゃんの言葉を遮って、最大限の感謝の言葉を告げる。キタちゃんはそれを聞くと、胸を撫で下ろした。
「実は、クリスマスは漁村でしたけど、夏はここでトレーナーさんとゆっくりしたいなあって……あたしの夢でもあったんですよね」
そう言いながらキタちゃんは、二人の間にある氷入りのバケツからサイダーの瓶を取り出し、僕に渡す。二人でサイダーの瓶をぶつけて乾杯をして、星を見上げながら飲んだ。
8: オワリ 2024/07/08(月)20:45:41
その後は二人で夕食をとり、花火を楽しむと、背中を流そうとするキタちゃんと大浴場で一悶着を起こし、別荘を満喫した。
我ながら子供のようにはしゃいだと思う。反対にキタちゃんは大人びて、しみじみと二人だけの夏を噛み締めているようであった。
僕が気が付かないうちにどんどんと大人になっていくんだなぁと、少し淋しくもあり、これからは子供扱いではなく、しっかりとした年齢の女性であると意識しようと思わされた。
すっかり夜も更け、そろそろ寝ようと寝室に入った時である。背後からついてきたパジャマ姿のキタちゃんが、後手にドアを閉じた。
「トレーナーさん、実はもう一つサプライズがあるって言ったら、どうします…?」
僕はその湿っぽくも決意を秘めた眼差しに、寝たフリは出来ないことを悟ったのだった。
9: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:47:05
意外と覚悟決まってるな…
10: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:47:25
このトレーナーいつもオワリになってない?
17: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:53:23
>>10
なんだいつも通りか
11: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:50:23
前日にトレーナーを運ぶキタちゃんが目撃されまくってるからもう学校中の噂なんだよね…
14: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:51:07
ダイヤちゃんが出てきた時点で止めないトレーナーが悪いよなあ…
15: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:51:45
困ったことにトレーナーへの最大限のプレゼントとして自分を贈るのはもうやったからあり得るんだよな…
16: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:52:34
ここで寝たフリしたらここまでの寝たフリも(あれって寝たフリだったのかな…)ってバレるのでもう出来ないんだよね
18: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:53:25
最初に寝たフリしたやつが悪い
19: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:53:55
家族公認だこれ!
20: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:54:05
ここから生き延びる方法
23: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:55:57
どこなのか知らない山奥の別荘
下山も難しい夜
密室
向かえは明日の昼
目の前にはパワフルウマ娘
ここから入れる保険が!?
25: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:56:56
>>23
はい!こちらのファミリー保険がおすすめですよ!
24: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:56:46
キタちゃんを騙したんだから最後までサプライズ享受するって言ったよな?
26: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:57:32
なんかもうトレーナーが甘やかすのが悪いんじゃないかこれは?
29: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:58:43
>>26
迷惑でしたかとか言いそうって察知して制止して感謝を告げてるあたりここまでずっと甘やかしてたと思われる
27: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:57:39
途中まで爽やかだったのに…
30: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:58:58
ちょっと重たいキタちゃん好き
34: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:59:27
>>30
ちょっと…?
31: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)20:59:08
一回目で心情込みで「この人サプライズってことにされると弱いな…」まで見透かされたのかもしれない
37: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)21:02:36
ダイヤちゃんなら海外まで行ってた
39: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)21:02:50
いや…最高のお祝いだな…
44: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)21:08:27
海外とは言わないが山まで来ちゃってるのも大概じゃねぇかな!?
48: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)21:11:48
よくよく考えたら寝てるトレーナーお姫様抱っこで車に連れてくって他のトレーナーやら生徒やらに目撃されてない?
49: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)21:12:14
>>48
(いつものだわ…)
61: 名無しさん(仮) 2024/07/08(月)21:24:18
キタちゃんとは線香花火をじっくり眺めるのが似合う
ダイヤちゃんは同じシチュで打ち上げ花火始めてそう

-ウマ娘怪文書
-, ,